リンパマッサージの注意点

リンパマッサージを行う際に気をつけたいこと

リンパマッサージをする前に

リンパマッサージをするにはあたって以下のような事に気をつけるとよいでしょう。

まず、リンパの流れをよくしておきましょう。

「そんなこといったってリンパの流れが悪いからマッサージするのに・・・。」と怒られそうですね。でも、リンパを流しやすくするために、リンパマッサージの前にやっておきたいことがあるんです。

マッサージの前に水分補給をする

体が乾いた状態ではリンパがドロドロして流れにくくなります。
水分補給をしておくことで、どろどろリンパの濃度が薄まり、さらさらと流れやすくなります。

体を温めてから行う

体を温めてから行うと循環がよくなり、効果も上がります。
軽く運動して筋肉を動かすのもいいですし、夜でしたら入浴後などに行うと疲労回復になります。また、岩盤浴などを行うとまたべつの効果も得られ、一石二鳥ですね。岩盤浴マット「スパマット&スパウォーマー」 といった自宅で岩盤浴ができる商品も販売されています。

これからの季節、暑いのに岩盤浴なんて・・と思いがちですが、冷房で逆に体は自分で自覚している以上に冷えてしまい、血行不良になるケースが多くみられます。これならマイナスイオン効果もあるのでおすすめ。体を温めて新陳代謝を促してから行うことでリンパマッサージの効果はアップします。

また、リンパマッサージをするときにはローションやジェル、オイルなどを利用したほうがマッサージもしやすく、肌もいためることがないので目的に応じて使い分けて利用する事をおすすめします。

マッサージジェルの選び方

リンパマッサージをするときにはどのようなジェルやローションを使えばよいのでしょう?

リンパマッサージ専用ジェルである必要はなく、ボディーローション、スリミングジェル、アロマオイルなどで充分です。

特におすすめなのがアロマオイルですが、目的に応じて使い分けるとよいでしょう。

ダイエット効果もあわせて狙いたいとき

ダイエット効果も狙うならスリミングジェルが効果的です。逆に言えばスリミングジェルを利用するならあわせてジェルを利用するときにぜひリンパマッサージを行いたいものです。

部分マッサージに利用するなら

ちょいと手軽に部分マッサージを、というときにはボディーローションを利用するとよいでしょう。
顔マッサージのときは顔用のローションがいいですね。この季節、紫外線には要注意ですよね。紫外線対策もあわせてできれば一石二鳥です。

リラックス効果も狙うなら

実は一番のおすすめはこれです。
リンパマッサージのポイントとして、リンパマッサージはリラックスした状態で行うことが一番効果的だという話をしましたが、アロマオイルを利用することで気分がリラックスし、血管やリンパ管の収縮を防ぎます。
アロマオイルにはいろんな種類があるのでリラックス効果、むくみ解消、ダイエット効果など、目的に応じて選ぶようにするとよいでしょう。

リンパマッサージを避けたいとき

今回はリンパマッサージを避けたいときのお話です。
リンパマッサージをやめておいたほうがいいのはこんなときです。

  • 食後30分間
  • 熱があるとき
  • 負傷していたり、炎症があるとき
  • リンパ腺が腫れているとき
  • 妊娠初期
  • 心臓や肝臓の機能が低下しているとき

私はいつも入浴後、就寝前にしています。このタイミングが一番一日の疲れも取れ、リラックスできるのでおすすめです。また、入浴後なので血流もよくなっていてリンパマッサージをするのに最適です。寝る前に足のマッサージをしておくと翌朝のむくみも取れます。

新宿美容外科クリニック■立川院■

立川駅北口から徒歩1分の場所にあるこちらのクリニックは、人気の二重術から医療脱毛、シミ取りやたるみなどの皮膚科診療にも力を入れています。
さらに今なら立川院限定のお得なプランもあるのでチェックしてみてください。